たかが家出、されど家出
ホーム > 酵素 > 太る原因の一つに酵素不足があります

太る原因の一つに酵素不足があります

「20~30歳代前半までは痩せていたのに、年を取るにつれて太りだした・・・」「若い頃はダイエットで簡単に痩せることができたのに、最近はなかなか効果が現れない・・・」などという話は、よく聞かれるのではないでしょうか。

その大きな原因は、基礎代謝量の低下にあります。

基礎代謝量が低下しているために、1日あたりの総消費エネルギー量が減って太りやすい体に変わっているわけです。

この基礎代謝量は、生まれてから徐々にアップし、20歳くらいでピークになりますが、その後は、年齢とともに徐々に低下して行きます。

こうした基礎代謝量が低下する最も大きな要因は、加齢による筋肉量の低下です。

人の体の中で、基礎代謝量が最も多く消費される器官は筋肉なので、筋肉量が減少すると基礎代謝量も低下してしまいます。

http://www.higashinokaze.com/

最近は、女性の間で酵素ダイエットが流行のようですが、実は、体内に存在する酵素も基礎代謝量に影響を与えます。

体内に存在する酵素は、消化機能や体全体の代謝機能を活発にするなどの働きがありますが、この酵素が不足すると、食事で摂取したものが、うまく消化されなかったり、体全体の代謝が低下したり、免疫力が低下するなどして、結果的に、基礎代謝量が低下して太ることになり、さらに、病気にもかかりやすい不健康な状態になってしまいます。

このように消化や代謝を助ける酵素は、体内でつくられる量は一定なので、補わない限り年齢を重ねると共に減少してしまいます。

また、頻繁に暴飲暴食したり、食べ過ぎの食事を続けていると酵素が無駄に使われて、不足状態に陥ってしまいます。

酵素不足を補うには、果物や生野菜、発酵食品などを積極的に食べることが必要です。

また、最近は、酵素ダイエット用に数多くの酵素ドリンクが市販されていますので、これらのドリンクを飲めば手軽に酵素を摂取することができます。

普段の食事で酵素をしっかりと補えば、体全体の代謝機能が活発になり消化吸収も高まり、痩せやすい体になって、免疫力も高まって老廃物を蓄積しない健康的な体へと変化して行きます。